筑豊遺産のアーカイブ

長崎街道 飯塚宿(宮町~小竹町


曩祖八幡宮(宮町 ⑤まで)

                           筑豊遺産ホームページへ

飯塚という地名の発祥の地ともいわれている。境内に寛永十七年庚辰の年号刻む

鳥居があり、郷土の一大聖地「納租の社」と呼ばれている。

  博奕改役 小林文吉狛犬対

曩祖八幡宮の東の鳥居の傍らに一対の狛犬がある。博奕改役はバクチを取り

締まる役職で、小林文吉は幕末から明治維新を生きた人物である。

  宝月楼(宮町)

日本近代短歌の開拓者として高く評価された大隈言道を飯塚に招き、指導

を受けた。言道の弟子で勤皇家でもあった野村望東尼も飯塚の歌人と交友

を深めた。宝月楼は言道の弟子であった古川直道の別荘。

④ 舫 石                             

遠賀川水運の拠点だった飯塚川を上下していた川船(川ひらた)を、つなぎ

止めていた石の柱。平成12年飯塚市の有形民俗文化財に指定された。

⑤ オランダ屋敷      

長崎から江戸へ向かったオランダの医師や商人が宿泊した場所とされている。

    シーボルトも江戸参府紀行の中に記載している。

 松風山 竹園寺 (片島

    屋根瓦に徳川家葵の紋がある。秘仏として木彫りの小仏像が二体ある。一体の

裏面に天保三年の銘があり、もう一体は善光寺仏とされている。

⑦ 許斐神社(幸袋 ⑧まで)

     地方の古社として古来藩主及び郡中の庄屋保正等の尊崇篤い。

     高さ30m程小高い丘に許斐神社がある。ここが戦国時代の許斐城である。

東の遠賀川は天然の堀であり、城の周囲は 急斜面であり要害の地であった。

⑧ 旧伊藤伝右衛門邸

   旧長崎街道に面して敷地を構え高塀を築く。当邸は建築的価値等、重要な文化

   遺産である。又、庭園は国の名勝に指定された。

⑨ 郡境石(小竹町 ⑩まで)

     小竹町と穂波端(現飯塚市目尾)が隣接する場所。

     小竹の町筋は、ここから始まり現役場付近まで続いている。

  御小休所処(現 龍徳屋酒店)

     薩摩藩の小休み処とした。のち肥前鍋島藩などもこれにならった。

     龍徳屋に鍋島藩主から賜った屏風がある。


     

     


   

 

 

内野宿地図







PDF


長崎街道班現地調査


















内野宿
1.構口
構口は宿場の出入を固める役目を担っていた。西構口は内野宿の町並み(東西600メートル)の山家宿側にあり 東構口は内野宿の町並み(東西600メートル)の飯塚宿側にある

2.郡屋

郡内の村役人の集会所で、大名などの通行の人馬の割り当てや、年貢の調整・普請の打ち合わせなど相談した。


3.御茶屋跡
黒田藩主の別館で、御茶屋の図面は永らく不明であったが、たまたま昭和41年2月に小倉屋で発見され、文化8年(1815年)6月内野御茶屋絵図として記録が残っている


4.庄屋跡

大庄屋山内本家(酒屋)跡。


5.えびす碑

五穀豊穣・商売繁盛・家内安全を祈願し元禄13年建立(寛永6年再建)


6.長崎屋・小倉屋
長崎屋は、鍋島藩主の定宿で浪花講の定宿にもなっており、幕末には代官の出張所になっていた。現在では地元食材を使った郷土料理(予約3日前)も提供しており休憩所にもなっている。
小倉屋は、両替商(質屋)を営んでいた。


7.恵比寿屋・大黒屋

共に一般の旅人も宿泊できた旅籠屋(旅館)

8.首なし地蔵
難所の冷水峠越は治安も悪く、山賊や盗賊も往来し、仇討を題材にした戒め「口は災いの元」の民話。近くには石橋があり、大根地山からの清流が旅人の喉を潤した名水があり、冷水の語源とも言われている。


9.石畳

冷水峠の内野側に敷かれた石畳が実在し、戦後米軍が大根地山に通信施設を建設する際、山家側の石畳を取り除く。石畳の途中には鳥居の跡も有る。

10.郡境石

冷水峠に郡境の、従是東穂波郡それと従是西御笠郡の日本の石碑が建っており、険しい山道を旅人たちが一息吐いた場所。


A.大イチョウ

樹齢400年福岡県天然記念物に指定。お薬師様の御堂のとなりにあり。

B.内野太郎左衛門の墓

宗賢寺(曹洞宗)内の墓所にあり寛永16年(1639)死亡。

                                筑豊遺産ホームページへ
筑ゼミ第1分科会  2011年度 
           
2011年度は

ゼミ生14名が1年間ジュックリと 

遺産とは何か?  自分にとって遺産とは? 
を考え、それぞれ 
これだ というものをランダムに推薦し
それを持ち寄り
何度も検討ししました。


筑豊の遺産といっても数多くそれを 

近代化遺産 担当:長弘     

自然遺産  地図  担当:佐野、主税、千代田、井手

文化遺産  地図  担当:小林、白神、中野、岩野、柿原、 

市民遺産 地図 担当:担当:藤木、鈴木、二村、城丸

の4部門に分け
それぞれ 30選出し
筑豊の遺産の選定をしました。
2011年度の 近畿大学産業理工学部の柏の森祭(文化祭)

で発表したものです。


このページのトップヘ