筑豊遺産のアーカイブ

カテゴリ : 筑豊近代化遺産


明治時代から大正にかけて、
筑豊の炭鉱は主として
石炭層に沿って坑道を掘り進む斜坑が主体でした。


③三菱飯塚炭礦巻上機台座の2の300ピクセルこの               

巻上機台座は大正時代に建造された
筑豊では最大級のもので
高さ12mもあり、
台座の上に巻上機を据付けて石炭や資材運搬をしました。    

昭和11年三菱飯塚炭礦として発足し昭和36年閉山。
現在市指定文化財、
経産省近代化産業遺産として認定されました。


炭坑のポンプ、巻上機

製造の旧幸袋工作所

(会社カタログより)
②-2幸袋工作所 620

目尾炭坑から遠賀川の上流に向かって2kmのところに、
明治29年に炭坑のポンプ、巻上機などの機械を製作する

幸袋工作所が
筑豊の御三家といわれる貝島太助、安川敬一郎、麻生太吉等の
筑豊炭田の先駆者たちが発起人となり創立され、

伊藤傳右衛門が社長に就任して技術を継承し、
筑豊の近代化に貢献しました。


近くに現存している旧伊藤傳右衛門邸で
昭和22年逝去まで経営にかかわり
筑豊炭田の中央工場の役目を果たしました。

 
旧伊藤邸は明治30年代後半に建造され、
大正、昭和にわたり増改築。

平成194月から
開館されて飯塚市の人気スポットとなり、
平成239月庭園は国の名勝に指定されました。
②-1伊藤邸と庭の旧伊藤伝衛門邸と庭園


②-2幸袋工作所 620炭坑のポンプ、巻き上げ機製造の旧幸袋製作所
(会社カタログより)

筑豊炭田の
近代化発祥の地    飯塚市目尾(しゃかのお)①-2目尾炭坑竪坑櫓

明治初年
人力で
石炭が採掘され、水が出て揚水に行きつまると
炭坑を休止するなど、最大の隘路でした。

この難関を
杉山徳三郎が明治14年に
目尾炭坑でポンプ揚水に成功し、
各炭鉱もこぞってポンプ揚水に切り替え急激に出炭量が増加しました

筑豊炭田の
近代化発祥の地として現在調査が進められています。
①-1目尾炭坑跡500

このページのトップヘ